FC2ブログ

拾八鉱業の「風呂行こう!」neo

ランニング、自転車、アウトドア好き2615ブログ 




大井町 洋食 ブルドックでメンチカツ :: 2018/09/21(Fri)
大井町に仕事で行くことがあったので終わった後にキタナシュランで有名な念願のブルドックに行ってみた。

201809212034542bf.jpg

裏路地にひしめき合う店舗の数々。
どこも魅力ある飲み屋街。
路地に入ると大きい看板が目に止まる。
入り口前には埃をかぶったディスプレイがそそる。
芸能人の写真が多数。

20180921203455aa1.jpg

まずここに来たら食べようと思っていたから迷うことなくメンチカツ定食を注文。
とってもボリューミー^ ^

生中2杯とメンチカツ定食、
ペロリと全て完食。

20180921203631f3d.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. グルメ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




巨峰の丘マラソン 2018 :: 2018/09/16(Sun)
去年は参加せず、一年おいて今年の巨峰の丘マラソン10k走ってきました。

一昨年も電車て行きましたが、
一本遅らせたら車内の混雑はラッシュ並み。

相変わらずきっついねー。
タイムは前回より50秒ほど遅く41分。
40歳以上で15位。前回は10位でした
巨峰はやっぱり美味しいね^ ^

20180921202225c62.jpg


帰りのシャトルバスから、山梨市駅での列車はタイミングよく待たずにすぐ乗れた。
これを逃すと30分以上待つ羽目になる。

211系も中央本線に馴染んできたかな。
早くビール飲みたい車内から✏️

今回は写真は一枚も撮らず怠け者。

関連記事
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




まずい棒で銚子電鉄を救え! :: 2018/09/11(Tue)
2018 夏の青春18きっぷでは今回は銚子方面へ出かけました。予定では12名参加でしたが、3名欠席で9名となりました。
5:57発の青梅特快で東京へ。



東京駅で崎陽軒のシュウマイ弁当を買って総武快速線のグリーン車に乗り込む。
グリーン券はあらかじめモバイルSuicaで購入してある。
成田で成田線に乗り換え、銚子へ。



ホームの隅っこに銚子電鉄の車両が停車中。
昔懐かしい姿が現代でも走っている姿に感動。
犬吠駅に到着。
改札を出ると売店でぬれせんべいやお土産を売っています。
今回の旅の目的?とは違いますが 「まずい棒」
をゲット。
下車したお客さんが次から次へと買って行きます。私もぬれせんべいまずい棒を買い銚子電鉄の存続に貢献しました。
Mくんに一口頂いた ぬれカステラが気に入りました。
犬吠駅前にお店ができていました。
数年前に来た時はなかった気がします。
みんなで回転寿司を食べる。



帰りには秋葉原、
肉ソン大統領で肉バル。
こんなインスタ映えしそうな写真も。
今回も飲んで食った旅でした~

関連記事
  1. | trackback:0
  2. | comment:0




ルービックキューブ :: 2018/09/06(Thu)
前に買ったルービックキューブが手元にあるのにもかかわらず、Amazonのタイムセールで安かったのでポチッと。
メーカーは違うが動きが軽いらしい。


2018091707185508f.jpg



ルービックキューブ買った数年前にも挫折してしまった。
未だに6面揃えられず。
自力で揃えられるように頑張ろう!

自分が子供の頃、流行った時、偽物の粗悪品を買わされ、動きが鈍くて参った思い出も懐かしい。




関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. つぶやき
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




日帰り甲斐駒ケ岳 八丁尾根 黒戸尾根アタック隊 :: 2018/09/01(Sat)
8月最後の日、日付が変わり、午前1時に起きる。
昨夜は21時過ぎまで仕事をしていて、1時間の仮眠で出発。
この企画はO隊長を率いる計5名が参加。
かなりハードな行程と聞いている。
駐車場に3時半ころ到着。
夜が明けてない4時前にヘッドランプを点けて歩き出す。







日向山を登っていくと急に視界が広がり絶景のパノラマが現る。これには感動。



険しい山々を何度も登る。
ロープや鎖、ハシゴなどもあり。



雷鳥がいた。
なんてラッキー!
可愛いです。

14時半ころ甲斐駒ケ岳到着。
しかし視界が…
ポツポツ雨が降ってきた。
早々に下山する。
本降りになりレインウェアを着る。
雨の峠は過ぎたが、まだまだ先は長い。

日が暮れてだんだんと暗くなってきた。
山小屋に泊まる人たちとスライド。
疲労もピークをむかえる。

ヘッドランプ再装着。
虫が顔の周りにまとわりつく。
暗闇の中、エンドレスに続く登山道。
ただひたすら前進あるのみ。
時計は20時半をまわり、やっと駐車場に到着。
22時半に帰宅。
ビールがうまいこと。
16時間歩きっぱなしの登山。
貴重な体験でした。
自然の驚異を感じ、山が面白いとおもった。

次回はどこへ連れてってくれるのかな?

関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. つぶやき
  2. | trackback:0
  3. | comment:0