FC2ブログ

拾八鉱業の「風呂行こう!」neo

ランニング、自転車、アウトドア好き2615ブログ 




初めてのハセツネCUP :: 2018/10/21(Sun)
春にハセツネ30kに出場しハセツネカップの出場権を得て、この日を迎えました。
ハセツネとは登山家の長谷川恒男。
日本山岳耐久レース
未知への挑戦ーそれぞれの想いを胸に駆け抜ける71.5km。

13時スタート、制限時間24時間。

10月7日、季節外れの気温30℃超えた。

よくこんなレースが存在するなぁと思ったりもしました。

スタート前から汗をかいていて心配でしたが、予想どおりエイドのある月夜見駐車場ずっと手前から、三頭山登る前にはなかった。
汗をかかないように走るのを抑えて、
補給食のジェルでごまかし、なんとか月夜見駐車場にたどり着いた。
ここでは1.5リットルの水しかもらえません。
もらった水をここで全部飲み干したいほど、のどがカラカラ。
飲んでリタイアすれば楽になれる誘惑に惑わさせる。
救護室前を見ていたらリタイア者がテント内に次々と入って行く。
月夜見を出たら、水がもらえるのは大岳山の水場までない。
ここまできたら行くしかない。
大ダワに着いた。
大岳山、御嶽山まで8kmくらいの看板を目にして、水を節約しながらも頑張る。
大岳山を下ると水場でハイドレーションと手持ちのフラスクに水を満タン。
もう水の心配はいらない、これで完走できるとおもえた。

スタッフやボランティアの応援が励みになる。
御岳神社前をこんな時間に走り抜けるなんて不思議な感じ。
日の出山から見る夜景は素晴らしく綺麗でした。
水を得て余裕ができたようだ。
あとは金比羅尾根を下る。
ヘッドランプのバッテリーが切れそうなので、立ち止まり予備のバッテリー交換。

あとはMTBでよく走っていたのでゴールを確信。
深夜3:53フィニッシュゲートをくぐりゴール。
初めてのハセツネCUP完走できました。

14時間53分24秒。

無事に帰ってこれた。
長い苦しさから解放できたうれしさ。
達成感は半端ない。

完走者にしかもらえないTシャツをいただきました。
ランナーには無料の豚汁ならぬべんべえ汁をいただきました。

辛さがフルマラソンの比にならないくらいですが、完走の喜びはタイムには左右されずに嬉しい。

山の駆け下り方など、まだまだ勉強しないといけませんね。

20181010145141772.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スポーツ - ジャンル:スポーツ

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<南高尾トレイルラン | top | SIMカードサイズ交換>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://18kogyo2615.blog83.fc2.com/tb.php/1945-70d8863c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)