FC2ブログ

拾八鉱業の「風呂行こう!」neo

ランニング、自転車、アウトドア好き2615ブログ 




三木鉄道の車輌が第3セク各社に引っ張りだこ! :: 2007/11/20(Tue)
20071120190845
 来年3月末で廃線となる兵庫県三木市の第三セクター「三木鉄道」に、全国の三セク鉄道会社から「車両を譲って」という要請が相次いでいる。85年の国鉄分割・民営化によって三セクに移行した地方鉄道の多くは、気動車が約20年の耐用年数にさしかかり、更新時期を迎えているからだ。三木鉄道が所有する3両の気動車は比較的新しく、経営難で新車に手が出ない。
三木鉄道は98~02年、富士重工業製のディーゼル気動車3両の新車を、それぞれ約1億円で購入した。隣接する同県加古川市とを結ぶ約6.6キロの単線を、1両編成(定員116人)で運行している。車幅などの規格について、全国の三セクはほぼ共通しており、中古車だと数千万円程度での購入が見込めるため、現在7社から問い合わせが寄せられている。
 樽見鉄道(岐阜県)は、三木鉄道廃止の報に接し、すぐに社員を現地に派遣して車両を確認した。所有する6両のうち3両は昭和期の製造。経営難で沿線5市町から徹底した経営努力を求められており、「三木鉄道の車両はのどから手が出るほどほしい」という。
 三木市の隣の小野市と加西市の間約13.6キロを走る北条鉄道。3両の気動車のうち1両が84年製で、老朽化のため週1日しか使えない。三木鉄道とはともに旧国鉄加古川線(現・JR加古川線)の支線だった縁がある。こちらも「ぜひ譲ってほしい」。担当者は「車両購入は加西、小野両市からの補助金頼り。今の経営状態では、とても『新車を』とは言えない」と打ち明ける。
<asahi.com 掲載>

【送料無料選択可!】小さな轍、見つけた! ミニ鉄道の小さな旅(関西編) 三木鉄道<忘れないよ、...


盲腸線紀行
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 鉄道
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<鉄子の部屋 | top | プチHappyな予感!?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://18kogyo2615.blog83.fc2.com/tb.php/403-a15ef2d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)