生憎の天気の中、梅ノ木峠へ (パンク防止剤の功罪)

19日、予定していた名栗方面へのサイクリングは雨天が予想されるため延期となったツーリング。

1126氏が午前中なら行けるということで、朝、雨がぱら付いていたが、
本格的に雨が降るのは夕方という天気予報が出ていたので半日、梅ノ木峠サイクリングへ出かけた。

梅ノ木峠


Map your trip with EveryTrail

日の出に入ると雨が降り出してきたが、つるつる温泉を過ぎた辺りから、雨が止んできた。
山を登るのは苦しいけど気持ちイイ。
交差点から約30分ほどで梅ノ木峠頂上へ。

ここは日の出ヒルクライムで有名な場所。
アットホーム的な大会ということで、出場しようと検討中。

帰り、パンクに見舞われた1126氏。
後輪のタイヤからエアが抜けた。
1126氏は数日前にパンク防止剤が注入したのになぜ?
無惨にも防止剤の白い液体が飛び散った。



パンク防止剤を入れれば100%パンクはしないとは言えないことが証明された。
パンク防止剤は保険のようなものだが、裏切られることもある。
パンクは起こるときには起こる。
これは神だけが知る。
パンクなどのトラブルを防ぐには適切な空気圧と管理を心掛けたい。
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

お買い物

最新記事
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

twitter

TweetsWind
Instagram

Amazon商品一覧【新着順】
オンライン
乗車中
現在の閲覧者数:
来訪者
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも一覧

サイクルセンター吉岡へようこそ☆
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
欲しいものリスト

Strava




最近のトラックバック
リンク